2020年9月24日木曜日

聖シャールル・ド・フーコー神父のメッセージ

福音にもどりましょう。

私たちは私たちのうちに生きてはくれかい。
シャール・ド・フコー神父はアルジェリアの砂漠の町で1901年に「兄弟の家」を始めました。たった一人でしたが町の住人、近くから遠くから訪ねて来る皆さんに自らを皆の友人、「兄弟シャール」と呼ぶように願いました。「福音にもどる。」とは福音のことば、主イエスの教えと他人に説明したり、それに基づいて説教する事ではなし、ごく普通の生活の中で、主キリストの平和と呼びを他人と「分かち合う」ことなのです。

「あなたがたによく言っておく。これらの私の兄弟、しかもも小さな者の一人にしたのは、私にしたのである。」(マタイ25章40節)このイエス様のみ言葉こそ兄弟シャ-ルの第二の回心を引き起こしたもので、次に話す出来事によって主キリストの真意が示されることになった。兄弟シャ-ルはサハラ砂漠の奥地の集落でたった一人で「兄弟の家」を開いていた時期に重い病気にかかり動くかけなしなりました。
その時、イスラム教の村人たちは人間らしい良心に促がされて、キリスト教の隠者(マラブー)である兄弟シャ-ルの命を救うために山羊の乳を周囲200kmにもわたって文字通りかき集め、彼に飲ませてくれました。この時期、サハラ砂漠がかんばつに見舞われ、山羊でさえ飲み水と青草に事かいていた事実を思う時、この村人たちの英雄的な、無私無欲の行いに心を打たれます。上記の福音のみ言葉はキリストの弟子たちに向けられたものですし、兄弟シャ-ルも実行してきた教えですが、本人が病に倒れるという事態のさ中でイスラムの村人たちがキリスト教の隠者(マラブー)の命を救う事になるとは。。。

わたしは天から降って来た生けるパンであるこのパンを食べる人は永遠に生ける。
(ヨハネ6章51節)
兄弟シャールの生涯は主キリストから授かるご聖体によって文字通り活かされた生涯であった、と言うことが出来る。
教皇フランシスコは最近若い人人に向けて「キリストは生きている」という本を出奔されたが、兄弟シャールにとって、毎日頂く聖体、キリストの体こそ「キリストは生きている」という不思議な信仰の真理の体現なのです。
冒頭に掲げた兄弟シャールの呼びかけを次のように言い替えても今の私たちの心に響く呼びかけになるでしょう。

御聖体にもどりましょう。

私たちが御聖体を生きなければイエスは私たちのうちに生きてはくれない。

塩田希神父



父なる神に身を託す祈り

わが父よ
この身をあなたに委ねます。思いのままになさって下さい。
どのようになさるとも感謝します。
すべてに備え、すべてを受け入れます。
み旨が、この身と、あなたのお造りになった
全てのものの上に行われるのでしたら、
わが神よ、そのほかの何事をも、私は望みません。
私の魂をあなたのみ手に委ねます。
あなたを愛していますから、心を込めて捧げます。
わが神よ、果てしない信頼をもって、この身を限りなく、
あなたのみ手に捧げよと、愛が求めてやまないからです。
あなたこそが私の父だからです。

――イエスの小さい兄弟 シャルル・ド・フーコー













Credit Compfight.com

2020年7月12日日曜日

出会いのすばらしさ - 映画「星の旅人たち(The Way)」2010年

 スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラはキリスト教の三大巡礼地の一つです。そこにはイエスの使徒ヤコブが埋葬されたと言われています。キリスト教信者をはじめ、様々な国の人が様々な目的を持ってサンティアゴを目指します。巡礼路はいくつかありますが、最も利用者が多いのはフランスからの「フランス人の道」で、巡礼地まで平均一ヶ月から一ヶ月半ほどかかるそうです。
私は、心の港の皆さんと一緒に、このサンティアゴ・デ・コンポステーラまでの巡礼を描いた映画「星の旅人たち(The Way)」を鑑賞しました。
 この映画では、主人公トム・エイブリーの息子ダニエルがサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼の最中に事故で亡くなったのを期に、トム自身が息子の遺灰と共に、息子がたどり着けなかったサンティアゴを目指すことを決意します。
 私が特にこの映画で印象に残っているのは、出会いのすばらしさです。トムは旅の途中、国籍も旅の目的も様々な個性溢れる巡礼者たちと出会います。初めは他人行儀な会話しか交わさなかったトムと巡礼者たちですが、同じ目的地を目指し、旅を共にしていく中で次第に打ち解け合い、表面上だけの友情が本物になっていく様子が非常に心に残っています。国籍も、年齢も、性別も、考え方や育ってきた環境が異なっていても、それは真の友情には関係のないことなのだと感じました。
また、「一期一会」というように、飛行機で隣になった人、お店や宿泊施設で働いている人、また道で挨拶を交わした人など、日常生活は出会いで溢れています。この映画ではその小さな出会いまで丁寧に描写されており、人との出会いの素晴らしさを再確認することができました。
 さらに、この映画には旅に出ること、特に巡礼の魅力がたくさん描かれていました。いつか私も機会があれば挑戦してみたいと思わせてくれる映画でした。

大野 萌二花




出典:VideoMarket


TRAILER





2020年5月20日水曜日

聖ヨハネ・パウロ二世教皇 5月18日誕生百周年記念日

1920年5月18日ポーランド出身のカロル・ユゼフ・ヴォイティワKarol Józef Wojtyła)が生まれました。1978年10月16日新教皇に選出されました。ヴォイティワは、前教皇ヨハネ・パウロ1世の遺志を継ぐ形で「ヨハネ・パウロ2世」という複合名を名乗りました。
1981年2月23日から26日までの日本訪問を含めました。

お誕生日おめでとうございます🎊




聖ヨハネ・パウロ二世が日本に着いた日本語で話したビデオです。




バチカンニュースのページからビデオです。





2020年5月6日水曜日

[心の港]との出会い

みなさんこんにちは、

新大学一年生のヒルト・アリックスです。フランス人ですけど、5歳のときから日本、東京に住んでいます。はじめましての人もいれば、お久しぶりの人もいると思います。
私は高校2年生のときに教会のユースグループの集まりで東京に来ていたシルヴィさんとはじめて会いました。このときに、心の港のことを話してくれました。心の港の協会の目的や活動を紹介してもらいました。仙台の心の港と世界の様々な場所にあるボランティアの方々の活動、各地の人々の暮らしを知ったり、色々と心に残りました。仙台の心の港は東日本大震災の後からあり、シルヴィさんからこちらでの活動や友達のことなど聞きました。高校2年生の夏休みに友達2人とフランス教会のピエール神父とはじめて仙台に行きました。数日間、心の港に迎えられ一緒に過ごしました。私はそれから2回、2018・2019年の10月に心の港の皆さんに会いに行きました。教会の集まり、夜回り、松島を見に行ったり、老人ホームの方々に会ったり、幼稚園で子供たちと過ごしたり、ケベック会の皆さんと集まったり、心の港の周年会に参加したり、数多くの素晴らしい思い出ができました。去年の11月にはローマ教皇の東京での来日に仙台の皆さんと会い、そのときにはフィリピンの心の港のボランティアのアレックスに会いました。何人かの友達と家でみんなで集まって心の港に着いて話す機会でした。今年の2月には家族でフィリピン・マニラの心の港に会いに行きました。私はそこで一週間過ごしました。貧しい人々のそばで時間を過ごし、子供たちと遊んだり、サッカーチームの男の子たちと会ったり、とても感動する、心に残った一週間でした。仙台、そしてマニラ、の皆さんから色々ともらっています。心の港をしてから2年も経ち、心に残る色んな人との出会いができたことを神様に感謝しています。9月にはフランスで大学に行く予定です。今まで色々とお世話になった人々に感謝しながら少しづつ自分の大人の暮らしを歩んでいきたいと思っています。これからも心の港のみなさんとまた会えればと思っています。この頃は色々と大変ですが、皆さんが無事でいるようにお祈りしています。

アリックス









2020年4月13日月曜日

御復活おめでとうございます!アレルヤ!!


「現代世界のすべての人々と共に苦しんでいる教会は世界の人々との連帯の内に、主キリストの復活が示している新しいいのちへの希望を高く掲げ、不安と恐れの暗闇を振り払う存在として、現代世界に命を吹き込む存在でありたいと思います。。。
死に打ち勝って復活された主イエスは、新しいいのちの希望を、わたしたちに与えています。」
タルチシオ菊池功大司教復活祭メッセージ











2020年4月9日木曜日

Holy Thursday - WATCH and PRAY


それから、イエスは彼らと一緒に、ゲツセマネという所へ行かれた。そして弟子たちに言われた、「わたしが向こうへ行って祈っている間、ここにすわっていなさい」。
そしてペテロとゼベダイの子ふたりとを連れて行かれたが、悲しみを催しまた悩みはじめられた。そのとき、彼らに言われた、「わたしは悲しみのあまり死ぬほどである。ここに待っていて、わたしと一緒に目をさましていなさい」。
そして少し進んで行き、うつぶしになり、祈って言われた、「わが父よ、もしできることでしたらどうか、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしの思いのままにではなく、みこころのままになさって下さい」。
それから、弟子たちの所にきてごらんになると、彼らが眠っていたので、ペテロに言われた、「あなたがたはそんなに、ひと時もわたしと一緒に目をさましていることが、できなかったのか。誘惑に陥らないように、目をさまして祈っていなさい。心は熱しているが、肉体が弱いのである」。
聖マタイによる福音書 26:36-41



2020年4月1日水曜日

ファミリーデイ 2020 - 最初の二行


‪ボランティアを通していろんな人と関わり、人の心の温かみを感じました。‬
‪世界の心の港30年ということで、‬いろんな方々が来ていました。初めて会う方がとても多かったのですが、色々な話を聞くことができ、とても楽しく素敵な時間を過ごせました。‬
‪「心の港」の方々と知り合って、ボランティアの素晴らしさを実感し、これから自分たちに何ができるか…など色んなことを考えるきっかけになり、自分にとってほんとうに勉強になることをたくさん感じました。ほんとうに心温まる心洗われる素敵な時間でした。
ありがとうございました 。

Victoria



2月11日、私は同じ想いを抱き、集まった「教会」という共同体の素晴らしさを改めて実感することができました。
私は元々人付き合いが苦手だったため、クリスチャンになった後もあまり教会の方々と接することなく生きてきました。しかし、去年の秋に、あるきっかけがあり、シルヴィーさんと知り合い「心の港」を知りました。そして、参加した行事等を通して交流を深めていきました。
私は1月にパリに一人旅に行っていました。ファミリーデイでたまたま1月までパリに留学していたという素敵な女性と知り合うことができました。彼女から様々な事を聞き、話しをするという貴重な経験ができました。彼女は出身が宮城県内ではなく、遠いところから「心の港」30記念を祝うために仙台に駆けつけて来ていました。彼女に限らず、「心の港」に来る人たちは、みな国籍や出身が様々であり、まさに「人種のるつぼ」状態です。生まれた土地も生きてきた環境も違うのに、「同じ信仰を持っている」ことで、世界人口77億強のこの世界で出会うことができるのは、やはり、神様が出会わせてくださっているのだなと最近ひしひしと感じてます。いつも私達を見守ってくださる神様に感謝し、益々信仰を深めていきたいと改めて思いました。

佐藤茉莉香



最初の二行
兄弟姉妹が分かち合う「この世の天国」を感じました。
 2月11日、私は心の港のメンバーからご案内を頂き、「30周年のお祝い」へ行くことになりました。場所は青野木の修道院です。夏にも、修道院のルルドまでロザリオを唱えながらの巡礼に参加し、今回は2回目の修道院です。

 例年より少ないとはいえ、旧宮城町の丘陵地にある修道院の庭は雪で真っ白、別世界に来たようでした。修道院に入ると、50人程の兄弟姉妹が笑顔で再会を喜び合っていました。定刻の11時になり聖堂に移動しました。はるばるニューヨークから駆けつけたポール神父様の司式で、「心の港30周年」のミサが捧げられました。

 互いに愛し合うこと、世界の悲しんでいる人々のため、新型コロナウイルスで亡くなった方、苦しんでいる方のため、様々な意向の祈りが捧げられました。また、共同祈願では、心の港のメンバーが健康で福音宣教の道を歩んでいけますようにと祈りを捧げました。さらに今回は、「心の港」の『聖母マリアの祈り(MARY’S PRAYER)』をみんなで日本語で唱えることができました。

 ミサの後は集会室に移動して、ポール神父様を囲み皆が持ち寄ったお料理でパーティでした。歌やウクレレやアコーディオンの演奏、会話に楽しいひとときを過ごすことができました。子どもたちのためのゲームや雪遊びもありました。

 参加した方は、「心の港」との関わりがある老若男女、国籍も様々でした。中にはまだカトリックでない方やプロテスタントの牧師さんもいらっしゃいました。私は、彼らに対して、主によって集められた本当の兄弟姉妹のような感覚になりました。30年前に始まった「心の港」の活動が、神様に祝福され、マリア様に寄り頼みながら歩み続けていることがよく分かりました。

 新型コロナウイルスで世の中は大変ですが、神様のご計画を信じて、信仰を保ち、兄弟姉妹が愛し合える世界を作ることを祈り続けていきたいと思います。    
  
マリア・コルベ 伊藤 孝 北仙台教会