2015年4月7日火曜日

仙台『心の港』のメンバーさんご紹介です 5/5

ミュレル・シルヴィと申します。フランスのアルザスから来ました。残念ながら20代が終わり32歳です!日本で「心の港」のセンターを設けたときから仙台にいます。東日本大震災の翌年の2012年10月4人で仙台へ来ました。まず初めに日本語を学び、ボランティア活動を始めました。時が経つのは早いものでもうすぐ3年になります。「心の港」のメンバーですから、日本での活動の期限が決まってはいません 。「心の港」のボランティア活動は10年前アルゼンチンで始めました。1年間半のボランティア活動を終わりブラジルに6カ月行きました。
この間スラムの中で住んでいました。その生活の中でお金はなくても心がゆたかな人々に出会い、自分の心の目が開きました。
この経験から人々に寄り添う生活をしていきたいと思うようになりました。
しかしその後半年パリでごく普通の生活をしました。その中でやっぱり「心の港」の生活が私の生き方だと強く思いました。パリの生活を辞めてニューヨークの「心の港」で3年間ボランティア活動をしました。ボランティアの後1年間フランスに戻り、「心の港」の精神や歴史を1年間学びました。日本に来る前は1年間スイスで「心の港」の活動を広めることやボランティア活動などをしていました。


では宜しくお願いいたします。


一緒に生活する方の自己紹介:


2 件のコメント:

  1. こんにちは、先日イースターに呼んで頂きありがとうございました!
    可愛いくデコレーションされたイースターエッグも子供がすごく喜んでいました!
    楽しい時間を作って頂き感謝しています☆

    返信削除
  2. 美香さんありがとう!こちらこそいつも楽しいですよ〜
    また来てね。。。

    返信削除